.

ローンキャッシングした場合、支払う時には金利分を含めての返金になるのは知っているはずです。

ローン会社は収益を狙いとした企業なのですから無論問題ありません。

そうはいってもお金を返す方は、ちょっとでも少なく支払いたいと考えるのが心中でしょう。

利息制限法が実行される以前は年率30%近い利率を払っていましたが、適用後は高額でも18%位ととっても低く設定されていますので、相当リーズナブルになったと思います。

最近の融資の金利の範囲は4%位から18%位の間に決められていて、利用可能額により決められます。

利用上限額は申込み本人の与信によって左右されます。

総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年収がいくらなのか?どんな仕事をしているのか?カードローンの使用状況はどうなのか?審査され貸付可能金額としてキャッシングサービスの内容が決められます。

カードローンの場合使用可能額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は変わります)と広い幅があります。

そうしてその範囲の中で定めた利用できる金額により金利も決まってしまいます。

50万円なら18%、300万円なら年12%、800万円なら年間4%といった具合になるでしょう。

つまり、評価が良ければ、貸付可能金額も高くなり、金利も低くなるはずです。

この利子に疑問を抱くのは私しだけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、それらの事実は問題がない事でしょうが、年収の多い人がローンサービスが必要とは思えませんし、仮にローンサービスを利用した場合でも利率がどうであると支払いに追われる事はないのです。

むしろ収入悪い人は直ちに必要だから借り入れを行うという人がいて、利子が悪いとお金の支払いに追われるようになるはずです。

なので使用可能枠の低い人にこそ低利息で使用できるようにすべきです。

これは使う立場としての考えではあります。

この事を踏まえて、利子を少なくする為にはどうすれば良いのか何となく分ったはずです。

現にこれから述べる方法で、申請する人が大多数なので説明しますと、カードローンの申し込みをする際に、年の収入の1/3ぎりぎりまで申込みをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円で申し込み、審査で申し込んだ満額通ればその分利子が低いキャッシングできるカードを手に入れることができるのです。

であっても全額使用しなければならないわけでもないのです。

5万円でも20万円でも必要な分だけ使用可能です。

さらに利用限度額が300万円で最低利率年率7%位の金融会社もあるのです。

その業者に手続きをすればその企業の最低利子で返済できるはずです。

どうですか?見方次第で低金利のキャッシングカードを持つことが出来るようになります。

自分自身の年の収入とローン業者の設定を照らし合わせて、考える事に時間を掛ければ、より望ましい状況で借りれるはずなので、ちゃんと確認するようにしてください。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.aldentorres.com All Rights Reserved.