.

外為取引においては取引所取引という場所があります。

通常の外為(FX)企業とトレードをとり行うという行動を「店頭取引」と言うのですが、この事は取引所を通過させないで商いの対象はFX業者になります。

「取引所取引」というのは外為取引企業は仲介役であるので、直接的の売り買い目標は取引所を意味する事になります。

その違いを今少々比べてみます。

まず「店頭取引」の次第は預け入れている証拠金は外為業者に管理されているのです。

反面「取引所取引」の場面、こちらのお金は総額取引所に預託しないとならないと義務になっているのです。

そうすることにより仮にFX会社が経営の行き詰まりをするというような問題が万が一あったとしても後者は、取引所によって資金は全姿金擁護してもらえることになります。

前者の外為(FX)会社がコントロールしているため、様子により会社破綻のあおりをこうむり預けていたお金は擁護されずなのかもしれないです。

重ねて税金の面からも両者双方取り決めに相違が見受けられます。

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と総額で届出をせねばなりません。

確定申告しなくても良いケースもある様ですので、わが身に合致するかどうか入念にチェックしてください。

もしもあなたが労働者でサラリー二千万円以下給与所得以外の実収が20万円以下(2.3の会社から給料の所得がないこと)というようなのような条項を守っている状態でいれば特例というお話で確定申告はしなくてよいのです。

外為(FX)収益が二十万円以上ケースは確定申告をするようにして下さい。

税金の度合いは儲けに追随して5〜40%の六段階に分類されており所得が高ければタックスも上がります。

「取引所取引」においては、もうけがあった際にはその他の儲けとは分けておいて「申告分離課税」のターゲットとなってしまうでしょう。

税の割合は全て同じ20%となりますが、もしも損害が断定されたのであるならば「取引所取引」の利点として赤字分を次年以降に先送りが可能です。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価なタックスになる場合もあるので比較して検討していった方が良いと考えます。

中でも不慣れな者の方は、ジャスダック株価の浮き沈みや円の動きに気配りし、利益や損金分にひやひやする事によって、税金の問題を忘れ易くなってしまうこともあるので要注意です。

赤字は困ってしまいますが、儲けが増えれば税金も高くなるので目を向けるのと理解が大事との事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.aldentorres.com All Rights Reserved.